Vim操作方法

[Vim問題]上下左右に1文字を移動するキーは何種類ある?

この記事では、Vimでプラグインを使わずに「上下左右に1文字を移動する」キーについて、ご紹介します。

[解答] Vim では 2.5 種類のキーで移動できる

キーバインド1. ホームポジションで上下左右する

(ノーマルモード もしくは ビジュアルモード で) 
h → 左 
j → 下
k → 上 
l → 右

ノーマルモード または ビジュアルモード(C-v もしくは v で起動)で、上記のキーを押します。

ホームポジションの右手の位置と覚えましょう。

キーバインド2. 矢印キーで上下左右する

(全モードで)
左矢印 → 左 
下矢印 → 下
上矢印 → 上 
右矢印 → 右 

全モードで上記のキーを押します。

キーバインド3. 折り返し時に表示単位で上下する

(ノーマルモード もしくは ビジュアルモード で )
gk もしくは g<Up> → 上 
gj もしくは g<Down> → 下

ノーマルモード または ビジュアルモード(C-v もしくは v で起動)で、上記のキーを押します。

キーバインド1 と 2 との違いは、一行がウインドウサイズよりも長くて折り返している時が異なります。必ず行単位で上下するか、表示単位(見たままの行)で上下に移動するかということになります。

解説

1~2キーで移動する方法は、4方向では2種類、2方向では1種類ということで2.5種類です。

特に、Vimを利用するならキーバインド1 は必ず覚えるべきです。なぜなら、ホームポジションから手を移動させることなく上下左右に移動できるのは、高速なキー操作の第一歩になります。

なお、数字と組み合わせると指定文字数をイッキに移動できるので、併せて覚えたいところです。

Vimコマンドの補足情報

Vimコマンドの特徴

  • 利用頻度5.0
  • 便利さ5.0
  • 覚え易さ5.0

関連するVimヘルプ

Vimからは、下記のコマンドでヘルプを確認できます。

:help hjkl (移動キー )
:help gk (折り返し時の上)
:help gj (折り返し時の下)

関連するヘルプは、下記で確認できます。併せてご覧下さい。

:help 02.3 (カーソル移動全般) 
:help up-down-motions (上下の移動 全般) 

参考書籍

こちらの書籍が参考になります。


Vim/neovim関連の書籍で、もっとも評判が良くてバイブルと呼んでる人もいる一冊です。Vim/neovimのバージョンに依存しない沢山のTips形式で、その表題通りに「思考のスピードで編集」できるようになるノウハウが詰まっています。その高い評価は Amazon のレビューからも分かる通りです。Vimmer なら必ず一度は読んでおいて間違いありません。


こちらもVim関連の書籍で評価が高い書籍の一冊です。vim-jpで見かける上級Vimmer(Vimサポーターズ)の皆様による、Vimを実践で使ったノウハウからプラグイン関連の情報が詰まっています。日本の Vim界隈を知る上でも是非一読しておきたい一冊です。

Vim/neovim の設定ファイルやプラグインなど、Vim script に関するノウハウがいくつも詰まった一冊です。日本で Vim Script をここまで深く解説している唯一の書籍と言えます。Vim力を伸ばしたいと考えるなら、絶対に避けては通れない書籍でしょう。

プロフィール
管理人
Vim太郎

Vim力アップして、そろそろ上級 Vimmer の仲間入りしたいIT系エンジニアの端くれです。読んでくる訪問者の皆様と一緒に、Vim力を上げていくことができる記事が書ければと考えています。

\フォローする/
\ シェアする /
\フォローする/
関連記事
Vim入門
タイトルとURLをコピーしました