Vim / NeoVim おすすめ書籍

Vim / NeoVim 書籍 一覧
スポンサードリンク

日本国内でも Vim/NeoVim関連の書籍はいくつも販売されています。それぞれには Vi / Vim / NeoVim / Oni などの使い方、コマンドやプラグイン、VimScript など様々な内容があります。

いずれも読めばVimレベルを飛躍的にアップさせてくれますから、一読の価値ありです。

スポンサードリンク

マスタリングVim

技術評論社
¥3,608 (2023/02/08 00:32時点 | Amazon調べ)

Googleの現役エンジニアが書いたのが売り文句の解説書。Vim 8.1/Neovimに対応している位には新しく、ソフトウェア開発環境をVimで構築する方法を解説しています。

Vimが好きになる本

著:ゴリラ
¥1,782 (2023/02/08 00:32時点 | Amazon調べ)

初心者 Vimmer に最適な技術同人誌です。最低限必要な操作に加え、便利に Vim が使える操作方法が掲載されており、タイトル通りに Vim が好きになれます。

実践Vim

著:Drew Neil, 著:新丈 径
¥2,218 (2023/02/08 00:32時点 | Amazon調べ)

なぜ Vim / neovim を好まれるのかが分かるバイブル的な書籍です。Vimの標準的な機能解説から高速な編集操作まで、ありとあらゆる情報がTIPSという形で掲載されています。

Vimテクニックバイブル

著:Vimサポーターズ
¥3,278 (2023/02/08 00:32時点 | Amazon調べ)

こちらも Vim / neovim のバイブル的な書籍の1つです。先の実践Vimよりも逆引き的な作りになっているのが特徴で、Vimmerなら手元に1冊は置いておきたいところ。

Vim scriptテクニックバイブル

著:Vim scriptサポーターズ
¥2,554 (2023/02/08 00:32時点 | Amazon調べ)

テーマを Vim script に絞った、日本では唯一の技術書 です。 (同人誌除く)リファレンス的な内容から終盤の様々なテクニックについては、Vim script 開発者は必見です。Vimプラグインを作りながら、読み込んで自分のものにしたいですね。

vi/Vim コマンドポケットリファレンス

著:山森 丈範
¥450 (2023/02/08 00:32時点 | Amazon調べ)

技術者御用達のポケットリファレンスです。vi/Vim の分からないコマンドを手元で引くのに置いておきたい一冊です。

はじめてのvi&Vim

著:小島 範幸, 著:北浦 訓行, 監修:大木 敦雄, 編集:A5, 監修:大木 敦雄
¥4,590 (2023/02/08 00:32時点 | Amazon調べ)

幅広く、少し薄めに解説されている書籍です。vi についても紹介されている点は、他の書籍とは異なるかも知れません。

入門vi

著:ラム,リンダ, 著:ロビンス,アーノルド, 原著:Lamb,Linda, 原著:Robbins,Arnold, 翻訳:俊博, 福崎
¥2,750 (2023/02/08 00:32時点 | Amazon調べ)

我らがオライリージャパンの唯一の vi 本です。vim ではなく、vi の本であり、古いです。しかし、歴史や背景など、もっと深くvi系エディタを知りたい方には必携の一冊です。

Vimが使えるようになる本

著:T.Takeda
¥550 (2023/02/08 00:32時点 | Amazon調べ)

比較的薄く、サクッと読める入門書です。他の書籍はちょっと量が多くて重たいな…と頭を悩ませる初心者には良いかも知れません。

Vimがつらい

著:gpsoft
¥100 (2023/02/08 00:32時点 | Amazon調べ)

タイトルのように砕けた入門書です。サンプルケースも豊富な割に薄いので、最初の一冊としてサクッと読むには良いかも知れません。

スポンサードリンク
Vim入門
タイトルとURLをコピーしました