Vim操作方法

[Vim問題] 「最近使ったファイル」を開く方法とは?

この記事では、Vimでプラグインを使わずに「最近使ったファイル」を開く方法についてご紹介します。

[解答] Vimで過去に使ったファイルを開く

コマンド1

:oldfiles 

これで過去に開いたファイルの一覧を表示できます。あとは、番号を下記のように入力します。例えば、単純に履歴の10番を開く場合。

:e #<10

分割したウインドウに開くこともできます。例えば、19番のファイルを開く場合。

:split #<19

もちろん新しいタブで開くことも可能です。例えば、24番のファイルを開く場合。

:tabe #<24 

ただし、先のコマンドで番号を覚えておかなければならず、少しめんどくさいです。

コマンド2

そこで、こちらのコマンドだと、最後にプロンプトが表示されます。

:browse oldfiles 

これを略すと

:bro ol

こちらであれば、 最近開いたファイルの一覧をスクロールして、最後に開きたい番号を聞かれるプロンプトが表示されます。そちらに対象とするファイルの番号を入力すると、指定したファイルが開けます。

ちなみに、現在のバッファの変更を破棄して強制的に開きたい場合、こちらのように!を追加します。

:bro ol!

解説

「最近使ったファイル」とは、つまり「過去のファイル履歴」からファイルを実際に開く方法です。

:ol コマンドの方が簡単なんで覚えがちですが、実用性を考えると :bro ol コマンドで覚えてしまったが方が良さそうです。

なお、Vim 8で新たに追加された:filterコマンドと組み合わせる方法が、Vimのヘルプでも紹介されています。こちらを利用すれば、正規表現を使って絞り込むことができます。

Vimコマンドの補足情報

Vimコマンドの特徴

  • 利用頻度2.0
  • 便利さ4.0
  • 覚え易さ3.0

関連するVimヘルプ

Vimからは、下記のコマンドでヘルプを確認できます。

:help oldfiles 

参考書籍

こちらの書籍が参考になります。


Vim/neovim関連の書籍で、もっとも評判が良くてバイブルと呼んでる人もいる一冊です。Vim/neovimのバージョンに依存しない沢山のTips形式で、その表題通りに「思考のスピードで編集」できるようになるノウハウが詰まっています。その高い評価は Amazon のレビューからも分かる通りです。Vimmer なら必ず一度は読んでおいて間違いありません。


こちらもVim関連の書籍で評価が高い書籍の一冊です。vim-jpで見かける上級Vimmer(Vimサポーターズ)の皆様による、Vimを実践で使ったノウハウからプラグイン関連の情報が詰まっています。日本の Vim界隈を知る上でも是非一読しておきたい一冊です。

Vim/neovim の設定ファイルやプラグインなど、Vim script に関するノウハウがいくつも詰まった一冊です。日本で Vim Script をここまで深く解説している唯一の書籍と言えます。Vim力を伸ばしたいと考えるなら、絶対に避けては通れない書籍でしょう。

プロフィール
管理人
Vim太郎

Vim力アップして、そろそろ上級 Vimmer の仲間入りしたいIT系エンジニアの端くれです。読んでくる訪問者の皆様と一緒に、Vim力を上げていくことができる記事が書ければと考えています。

\フォローする/
\ シェアする /
\フォローする/
関連記事
Vim入門
タイトルとURLをコピーしました