ヘルプの活用(その1)

この記事は約1分で読めます。

実はこのブログを始めるまでは、英語ということもあって、Vimのヘルプをあまり活用できていなかったのですが、調べるうちにドンドン使いたくなってきました。
英語も勉強しなきゃ、、、ということで、チャレンジしてみたいと思います。
ヘルプの使い方

:help 調べたいこと

省略形

:h 調べたいこと

この調べたいことの指定の仕方がミソです。
たくさん指定方法があります。
キーバインド(ショートカットキー)を調べる例

:help CTRL-X

特定のトピックを調べる例

:help トピック

このトピックの指定方法が不正確でO.K.です。
例えば、quit を調べる場合に下記のようにしても良いようです。

:h qui

そうすると、似たようなトピックを自動的に探しに行ってくれるわけです。
ただし、似たような言葉がたくさんある場合には全て入力した方がよいようです。

プロフィール
管理人
Vim 一郎

Vim力アップして、そろそろ上級 Vimmer の仲間入りしたいIT系エンジニアの端くれです。読んでくる訪問者の皆様と一緒に、Vim力を上げていくことができる記事が書ければと考えています。

Vim 一郎をフォローする
Vim操作方法
Vim 一郎をフォローする
スポンサーリンク
関連記事
Vim入門
タイトルとURLをコピーしました