Vim操作方法

[Vim問題] ファイルやディレクトリのパスを挿入する方法とは?

この記事では、Vim / neovim でプラグインを使わずに「ファイルやディレクトリのパスを挿入する」方法について、ご紹介します。

[解答] Ctrl-x Ctrl-f または OSコマンド

Vimキーバインド

(インサートモードでファイルパスを途中まで入力した後)
Ctrl-x Ctrl-f

例えば、/etc/sys で始まるファイルやディレクトリのパスを挿入したい場合は、次のようになります。

vim でファイルパスを補完するキーバインド
vim でファイルパスを補完するキーバインド

上位のパスから探していく場合にとても便利ですね。

うろ覚えのパスを探しながら挿入するのに重宝するでしょう。

OSコマンド出力の挿入

こちらはOSのコマンド次第なので、色々できますね。

(ノーマルモードで)
:r!{OSコマンド}

カレントディレクトリのパスを挿入する

(ノーマルモードで)
:r!pwd

検索したファイルのパスを挿入する

複雑な検索条件でファイルを検索して、パスを挿入することも可能です。

この場合、かなり複雑なワンライナーでも実行できるため、活用範囲が広いのが特徴です。

例えば、ファイル名と形式、ディレクトリの深さを指定した場合はこちらです。

(ノーマルモードで)
:r!find ~ -name "init.nvim" -type f -maxdepth 2 -print 2>/dev/null

ただし、エラー結果も挿入されてしまうので、上記のように標準エラー出力は捨てるのも忘れずに。

解説

こちらはオーソドックスで、よく使う機能の一つです。

プラグインがなくても使えて、プログラミングでも通常の入力作業でも活用場面も広く、重宝します。

このVimコマンドの補足情報

  • 利用頻度5.0
  • 便利さ5.0
  • 覚え易さ4.0

関連するVimヘルプ

Vimからは、下記のコマンドでヘルプを確認できます。

:help i_CTRL-X_CTRL-F
:help read!
:help r!

ヘルプで検索するときは、通常は大文字小文字は識別されませんので、どちらでも構いません。

参考書籍

こちらの書籍が参考になります。


Vim/neovim関連の書籍で、もっとも評判が良くてバイブルと呼んでる人もいる一冊です。Vim/neovimのバージョンに依存しない沢山のTips形式で、その表題通りに「思考のスピードで編集」できるようになるノウハウが詰まっています。その高い評価は Amazon のレビューからも分かる通りです。Vimmer なら必ず一度は読んでおいて間違いありません。


こちらもVim関連の書籍で評価が高い書籍の一冊です。vim-jpで見かける上級Vimmer(Vimサポーターズ)の皆様による、Vimを実践で使ったノウハウからプラグイン関連の情報が詰まっています。日本の Vim界隈を知る上でも是非一読しておきたい一冊です。

Vim/neovim の設定ファイルやプラグインなど、Vim script に関するノウハウがいくつも詰まった一冊です。日本で Vim Script をここまで深く解説している唯一の書籍と言えます。Vim力を伸ばしたいと考えるなら、絶対に避けては通れない書籍でしょう。

プロフィール
管理人
Vim太郎

Vim力アップして、そろそろ上級 Vimmer の仲間入りしたいIT系エンジニアの端くれです。読んでくる訪問者の皆様と一緒に、Vim力を上げていくことができる記事が書ければと考えています。

\フォローする/
\ シェアする /
\フォローする/
関連記事
Vim入門
タイトルとURLをコピーしました