Vim操作方法

Vimでのタブ基本操作をマスターしよう

タブの基本操作
記事内に広告が含まれています。
スポンサードリンク

この記事では、Vim / neovim でプラグインを使わずに「タブの開閉や切り替え」のコマンドを紹介します。

スポンサードリンク

Vimの基本的なタブ操作

新規にタブを開く

通常はこちらのコマンドでタブを開きます。

:tabnew
:tabedit
:tabe

使う機会はさほど無いような気がしますが、次のようなコマンドも用意されています。

:+tabnew (
:-tabnew
:0tabnew
:2tabnew (
:$tabnew
:tabedit {file}
:tab terminal
:tab :put =execute('messages')

開いているタブを閉じる

通常タブを閉じるときは、次のコマンドを実行します。

:tabclose

この時に開いていたバッファは、隠しバッファとして残ります。タブと一緒にはバッファが閉じる(終了する)わけではないので、動作の違いに注意しましょう。

開いているウインドウが、現在のタブで最後の一つだとしたら次のコマンドでも閉じることができます。

:q
:q! (保存していなくても強制的に閉じる)
Ctrl-w Ctrl-q
Ctrl-w q

こちらもバッファが閉じる(終了する)わけではありません。あくまで見かけ上でタブが閉じる、つまり見えなくなるだけです。

ちなみに :qa! コマンドを実行してしまうと、タブやバッファの状態に関係なく閉じてしまうので注意が必要です。

次のタブに切り替える

:tabNext

前のタブに切り替える

:tabPrevious

タブ一覧の表示

:tabs

マウスを使わないならバッファとどちらを使うかは迷いますが、これらを Webブラウザと同じようなキー操作で扱えるようにできると便利です。

タブのショートカットキーをWebブラウザに合わせる

タブを主要な Web ブラウザ と同じ操作で使えるようにします。まず ~/.vimrc (%USERPROFILE%_vimrc) を新規作成 もしくは 下記を追記します。

" タブ(タブページ)をWebブラウザ風に操作するキーバインド(ショートカットキー)
nnoremap <C-t> :tabnew<cr> "C-t で新規タブを開く
nnoremap <C-w> :tabclose "C-w でタブを閉じる
nnoremap <C-tab> :tabnext<cr> "C-tab で1つ右のタブを開く
nnoremap <C-S-tab> :tabprevious<cr> "Ctrl-Shift-tab で1つ左のタブを開く

※下記に :tabclose の割り当てを辞めまたことを書いています。

少なくとも、この4つのキーバインド(ショートカットキー)が登録できれば、操作に困らないと個人的には思いますが、どうでしょうか?

キーマッピングを見直しました。

"nnoremap <C-w> :tabclose
nnoremap <C-F4> :bdelete<cr>

その代わり、Ctrl-F4 に :bdelete 、つまりはバッファを閉じる操作に変更しました。

タブに操作を実行する(一括処理)

全タブでコマンドを実行するには tabdo コマンドを使います。

:tabdo コマンド

意外と使えるかもしれないような、使えないかもしれないような、という機能です。最も使えそうなのは「全タブの文字を置換する」機能です。

全タブの文字を置換する

:tabdo %s/検索語/置換語/gi

全タブのカーソル位置に特定のファイルを読み込む(挿入する)

:tab read ファイルパス

全タブを再読み込み

:tab e!

正直、一括処理が必要な場面はさほど多くはありませんが、ごくたまに使いたくなったときに思い出せるようにしましょう。

バッファをタブに変換する

:bufdo tab split

または

:tab ba

今バッファに何が開いているか確認するには便利です。しかし、バッファを閉じるには結局 :bdelete で行う必要があります。

プロフィール
管理人
Vim太郎

Vim力アップして、そろそろ上級 Vimmer の仲間入りしたいIT系エンジニアの端くれです。読んでくる訪問者の皆様と一緒に、Vim力を上げていくことができる記事が書ければと考えています。

\フォローする/
スポンサードリンク
関連記事
Vim入門