Vim操作方法

[Vim問題] 行検索 f / F / t / T の移動を簡単に繰り返す方法は?

この記事では、Vim / neovim でプラグインを使わずに「行検索 f / F / t / T での移動を簡単に繰り返す」ためのキーバインドについて、ご紹介します。

[解答] ; と ,

同じ行の中で検索する f / t / F / T と組み合わせるキーバインドになります。

Vimキーバインド1. 最後の f / t / F / T を繰り返す

(ノーマルモード)
;
f での移動を繰り返す
f での移動を繰り返す

最後というか、直前に実行した f F t T の検索を繰り返して、順方向(右方向)へ移動することができます。

一行が長い時や同じ文字がたくさんある場合、数を数えて f F t T を使うより圧倒的に早いので、こちらの方が好まれる傾向にあります。

キーの位置的に : と間違えて押してしまいがちなので、気を付けて使いたいものです。

といいつつ、このキーバインドの性質上、手癖のように使えないと意味が薄いんですけどね。

Vimコマンド2. 最後の f / t / F / T を反対方向に繰り返す

(ノーマルモード)
,
f での移動を逆方向に繰り返す
f での移動を逆方向に繰り返す

先ほど紹介した f F t T の検索を繰り返して、逆方向(左方向)へ移動することができます。

fT で移動して行き過ぎた後、FT で戻るよりも、この ; で戻った方が簡単で早いです。

こちらもキーバインドの性質上、手癖のように使えるようにならないといけません。

こちらもキーの位置的に . と間違えて押してしまいがちです。 ご注意ください。

補足:カウントとの組み合わせ

先に紹介した文章のように、たくさん同じ文字がある場合には1キーとはいえ、たくさん打つのは億劫になります。

こういう場合は、カウントとの組み合わせで指定した数だけ繰り返すことができます。

例えば、一度 f で i を検索したのち、10個右の i に移動したい場合はこちら。

(ノーマルモード)
10,

これで , を10回繰り返してくれます。

ただ、こういう場合は大量に同じ文字が多い時ですから何度か繰り返すことになりがちです。

素直に文字列検索した方が速いかもしれませんので、悩ましいですね。

このVimコマンドの補足情報

  • 利用頻度4.0
  • 便利さ5.0
  • 覚え易さ2.0

関連するVimヘルプ

Vimからは、下記のコマンドでヘルプを確認できます。

:help ;
:help ,

ヘルプで検索するときは、通常は大文字小文字は識別されませんので、どちらでも構いません。

参考書籍

こちらの書籍が参考になります。


Vim/neovim関連の書籍で、もっとも評判が良くてバイブルと呼んでる人もいる一冊です。Vim/neovimのバージョンに依存しない沢山のTips形式で、その表題通りに「思考のスピードで編集」できるようになるノウハウが詰まっています。その高い評価は Amazon のレビューからも分かる通りです。Vimmer なら必ず一度は読んでおいて間違いありません。


こちらもVim関連の書籍で評価が高い書籍の一冊です。vim-jpで見かける上級Vimmer(Vimサポーターズ)の皆様による、Vimを実践で使ったノウハウからプラグイン関連の情報が詰まっています。日本の Vim界隈を知る上でも是非一読しておきたい一冊です。

Vim/neovim の設定ファイルやプラグインなど、Vim script に関するノウハウがいくつも詰まった一冊です。日本で Vim Script をここまで深く解説している唯一の書籍と言えます。Vim力を伸ばしたいと考えるなら、絶対に避けては通れない書籍でしょう。

プロフィール
管理人
Vim太郎

Vim力アップして、そろそろ上級 Vimmer の仲間入りしたいIT系エンジニアの端くれです。読んでくる訪問者の皆様と一緒に、Vim力を上げていくことができる記事が書ければと考えています。

\フォローする/
\ シェアする /
\フォローする/
関連記事
Vim入門
タイトルとURLをコピーしました