覚えられない移動操作(その5)

この記事は約1分で読めます。

下記の記事を見て、思わずデザインを変更しました。カッコイイ!(ミーハー)

tsukuruiroiro.hatenablog.com
さて、本題です。移動系は今回で最後にしたいと考えております。
今回は「括弧の間の移動」です。

%

プログラミングなどを行う際には非常に役立ちます。
例えば、下記のようなソースコードを書くことはよくあるわけです。

if ( X > 1 ) {
.....
.....
.....
}

これはJavaなどで一般的な if 文の記述ですが、処理が多くなる、あるいはネスト(括弧の中に更に括弧を入れ子にする書き方)などが多くなると、どれがどれに対応しているか分かりづらくなります。
そういった場合に、片方の括弧にカーソルを合わせた上で % キーを押すともう一方の括弧に移動します。
ちなみに、[] や {} のペアでも機能することが分かっています。

プロフィール
管理人
Vim 一郎

Vim力アップして、そろそろ上級 Vimmer の仲間入りしたいIT系エンジニアの端くれです。読んでくる訪問者の皆様と一緒に、Vim力を上げていくことができる記事が書ければと考えています。

Vim 一郎をフォローする
Vim操作方法
Vim 一郎をフォローする
スポンサーリンク
関連記事
Vim入門
タイトルとURLをコピーしました